YUSUKE MIYAKE

WORK

PORTFOLIOの記事

DIRECTOR: YUSUKE MIYAKE
PHOTO: YUSUKE MIYAKE
WEB: YUTA SEKIYAMA

リンゴ(林檎、学名:Malus pumila)は、バラ科リンゴ属の落葉高木樹。またはその果実のこと。日本における植物学ではセイヨウリンゴと呼ぶ。
原産地はカザフスタン南部、キルギスタン、タジキスタンとされており、ここからヨーロッパやアジアルートで日本にも広まったと考えられている。現在日本で栽培されているものは、明治時代以降に導入されたものであり、日本において、病害抵抗性、食味、収量などの点から品種改良が加えられた。人口比で比較しても日本の青森における生産量は多く、日本ブランド名で(元々の日本リンゴ農家などから商標に関する係争がり)中国でも多量に生産されている。現在は7500以上の品種が栽培されており、亜寒帯、亜熱帯及び温帯で栽培可能であるが、暑さに弱いため熱帯での栽培は難しい。
リンゴの木は、落葉高木で晩春頃に白い5弁花が開花する。リンゴの果実は直径約3-15 cm、重さ約35-1000 g。色は赤や黄緑または黄色をしている。熟すると蝋状の分泌物に覆われる。